アトピーケアNavi » アトピーについてのQ&A » 嗜好品でアトピーは悪化する?

嗜好品でアトピーは悪化する?

アトピー性皮膚炎にとってたばこは大敵!

Q.たばこを吸うとアトピー性皮膚炎は悪化しますか?

A.します。
絶対にやめるべきです。 たばこの煙には約4500種類以上もの化学物質が含まれているといわれており、アレルギーを引き起こすものも数多くあります。タバコの煙が原因でかゆみを感じ、湿疹なども悪化させてしまうのです。
たばこの煙は吸う本人の中に入る主流煙とたばこから出る副流煙の2種類に分けられます。副流煙は周囲に影響を及ぼすため、たばこを吸っていない子供の体内にも煙が入ってしまい、大人だけではなくアトピー性皮膚炎の子供の症状まで悪化させてしまうのです。
たばこはアトピーにとって厳禁ですので、禁煙補助薬や心理カウンセリングなどをおこないストレスを軽減しながら禁煙していきましょう。

お酒は飲んでも大丈夫?飲まない方が良い?

Q.お酒を飲むとアトピー性皮膚炎は悪化しますか?

A.症状によって異なるため、一概に悪いとはいえません。
アルコールによって促される利尿作用で多量の水分が体外に排出されるため肌の乾燥を招くのです。
また、アルコールには血管を拡張する作用があり血流が良くなるため体が温まり、かゆみを増大させます。 もともとかゆみが強い時には悪化させる可能性がありますので、飲まない方が良いのです。
しかし症状が改善されれば、循環を良くするという観点や適量のお酒は悪化防止につながります。
ただし、アルコールの胃腸障害を避けるため食べながら飲むようにしたり、副作用が出る可能性のある薬とは一緒に飲まないようにしたりなど、ルールを守って飲むようにしましょう。

コーヒーや紅茶はアトピーに影響する?

Q.アトピー性皮膚炎ですがコーヒーを飲んではいけませんか?

A.かゆみのある時は避けるようにします。
コーヒーには自律神経に影響を及ぼすカフェイン、保湿機能の低下につながる過酸化脂質を増やしてしまう脂質が多量に含まれています。
さらに、かゆみを引き起こすヒスタミンの含有量も多いため、かゆみのある時は飲まないのがベストです。
飲むのであれば、できるだけブラックが良いとされています。砂糖は腎臓への負担が大きくアトピーを悪化させる原因でもありますから、入れ過ぎは禁物。
特に缶コーヒーには大量の砂糖が入っていますので、できるだけ避けるようにしましょう。

Q.紅茶なら飲んでも大丈夫ですか?

A.コーヒー同様、かゆみのある時は避けるようにしましょう。
カフェインの量はコーヒー豆と紅茶葉100gで比較すると、紅茶の方が多くなりますが、1杯分で比べた場合、コーヒー豆の使用量は約10g、紅茶葉は2~5gです。
普通に淹れて飲むのであればコーヒーより紅茶の方がカフェイン含有量は少なくなるものの、程度に違いはあっても症状の悪化を招く原因にはなってしまうのです。
しかし紅茶にはヒスタミンが含まれない分、コーヒーよりは比較的、心配が少ないといえます。

よく読まれているコンテンツ

〈アトピーにも効果的!〉
水素特集

水素は、多くの病気や老化の原因となる活性酵素を体の外へ排出する役割を持っています。肌の奥までしっかりと行きわたった水素のおかげで免疫力がアップし、アトピー肌の改善へと導いてくれるのです。

お風呂に入るのは
アトピーによくない?

いいえ、アトピーを改善するために入浴は必須です。常に肌を清潔に保っていなければ、症状を悪化するばかり。また、アトピー肌の方にオススメな入浴方法として評判の「水素風呂」についても紹介します。