アトピーケアNavi » アトピーについてのQ&A

アトピーについてのQ&A

体質を知るためのアトピーセルフチェック

こちらではアトピー性皮膚炎についての気になる疑問をQ&A形式で解説しています。

まずはその前に自信の肌がアトピー体質かどうか以下の診断でセルフチェック。最近、肌のかゆみや赤みが気になり始めアトピー性皮膚炎の可能性を疑うようになった人などは、肌の状態をきちんと把握しておくためにも確認してみてください。

尚、結果については、以下の項目における該当数によって判断します。

  • 身体全身に強いかゆみがある
  • 皮膚がかさついている部分がある
  • 同じ部分のかゆみが半年以上続いている
  • 衣類が当たるなどし、皮膚がかぶれることがある
  • 顔、首、関節の内側、お腹、背中などに赤いぶつぶつした発疹がある
  • 鼻水、目のかゆみや充血といった花粉症の症状がある
  • 発疹とかゆみが繰り返し続いている
  • 目の下のかゆみが強く、皮膚が切れる場合がある
  • 特に上半身に左右対称の発疹がある
  • アレルギー性鼻炎、喘息、結膜炎のうち、いずれかの症状がある
  • 寝ている間にかゆい部分をかきむしった痕がある
  • 家族の中にアレルギー性体質の人がいる

アトピーセルフチェックの結果について

セルフチェックで該当する項目はいくつありましたか?

  • 該当項目が3つ以上
    アトピーの可能性があります。
  • 該当項目が5つ以上
    アトピーの可能性が極めて高いです

セルフチェック項目のうち、7以降に関しては、アトピー症状として多くみられるものになります。

無関係のように感じられるかもしれませんが、花粉症や鼻炎を患っている人は実はアトピーかもしれません。その理由はアトピー体質の人は、アトピー体質ではない人に比べてアトピーの可能性が高いからです。

ただしアトピー自体は体質であり、ポイントになるのは完治や再発より症状が出るか治るかどうかということ。体質改善が成功し、薬が身体に合えば二度と症状が現れなくなることもあります。

まず大事なのは、現在の自分の症状を把握しておくことです。

また、セルフチェックはあくまでもアトピー体質かどうかの目安になるもの。気になる点がある場合、早い段階で皮膚科の診断を受けるようにしてください。

アトピーにまつわるさまざまな疑問をQ&Aで解説

アトピーの治療によく用いられる「ステロイド」に関する疑問、「嗜好品」を摂ることは問題があるのかないのか、その真相をQAにて紹介します。

さらにアトピー性皮膚炎によって引き起こされる可能性がある「合併症」についても触れています。 アトピーの症状を悪化させないためにも、さまざまな角度から正しい理解を深めていきましょう。

よく読まれているコンテンツ

〈アトピーにも効果的!〉
水素特集

水素は、多くの病気や老化の原因となる活性酵素を体の外へ排出する役割を持っています。肌の奥までしっかりと行きわたった水素のおかげで免疫力がアップし、アトピー肌の改善へと導いてくれるのです。

お風呂に入るのは
アトピーによくない?

いいえ、アトピーを改善するために入浴は必須です。常に肌を清潔に保っていなければ、症状を悪化するばかり。また、アトピー肌の方にオススメな入浴方法として評判の「水素風呂」についても紹介します。