デリケートゾーン

デリケートゾーンのアトピー症状について

清潔にしている場合でも皮膚が薄くデリケートな部分である陰部には症状が現れることもあります。その原因と対策について詳しく解説します。

デリケート部分の主なアトピー症状として挙げられているのが、強いかゆみや熱を持った状態、皮膚の乾燥です。

陰部のアトピーは悪化するとやっかいで、「カンジタ症」を併発することもあります。カンジタ菌というカビの一種が増殖して引き起こされる病気で、真っ赤に腫れ上がり強いかゆみも伴います。

かゆみに耐え切れずかいてしまうとさらなる悪化を招き、陰部全体に広がりかねませんので注意が必要です。

またカンジタ症は清潔にし過ぎることも原因。必要以上に洗ってしまうと身体に常に存在しているカンジタ菌をはじめ、身体を守っている常在菌を洗い流してしまいます

すると常在菌のバランスが崩れ、カンジタ菌が異常に増えてしまうのです。アトピー性皮膚炎とカンジタ症の併発は薬では治りにくいため、早めに皮膚科を受診することが大事です。

デリケートゾーンのアトピーは何が原因?

まず女性の場合、生理時の出血や子宮などからの分泌物の影響を受け陰部は湿度が高く蒸れた状態になっています。

ナプキンなどの「生理用品」で刺激を受け雑菌が増殖することで、かぶれたり傷ができてしまうのも原因です。「ストッキングやガードル」などによる締め付けもまた蒸れや雑菌を増殖させています。

陰部は皮膚が薄くデリケートな部分ですので、男性もまた「下着」による擦れや「」による蒸れが原因と考えられています。

擦れや蒸れによって雑菌が増殖し、かゆみを引き起こしてしまうのです。そして陰部には、皮脂腺や汗腺が多いことも蒸れにつながっています。

デリケートゾーンのアトピーを予防する対策

デリケートゾーンのアトピー対策としては、次のようなものが挙げられます。

  • 蒸れ…直接肌に触れる下着は、刺激の少ない綿100%のものを身に付けるようにします。締め付けられてしまうボクサーパンツなどは、できるだけ避けるのが無難です。
  • 衣類…締め付けがちで通気性もよくない例の代表がジーンズです。男性も女性も締め付けられないゆったりしたデザインで、通気性の良い下衣を選ぶこと。
  • 生理用品…女性は生理期間中、どうしても経血で蒸れがちになります。ナプキンは通気性が悪いため、肌にも負担が大きいもの。通気性に優れ、摩擦も少ない布ナプキンがおすすめです。
  • 薬…陰部の薬剤吸収率は非常に高く、腕の内側のなんと42倍といわれています。ただし使用する場合は、必ずデリケートゾーン専用の薬を使うこと。的外れな薬を使うのは、逆効果になってしまいます。薬の吸収率が良い分、即効性はありますが、これがかえって症状の悪化にもつながりかねないため薬の使用には注意が必要です。
よく読まれているコンテンツ

〈アトピーにも効果的!〉
水素特集

水素は、多くの病気や老化の原因となる活性酵素を体の外へ排出する役割を持っています。肌の奥までしっかりと行きわたった水素のおかげで免疫力がアップし、アトピー肌の改善へと導いてくれるのです。

お風呂に入るのは
アトピーによくない?

いいえ、アトピーを改善するために入浴は必須です。常に肌を清潔に保っていなければ、症状を悪化するばかり。また、アトピー肌の方にオススメな入浴方法として評判の「水素風呂」についても紹介します。