アトピーケアNavi » アトピーに優しい生活習慣を » かゆかゆにならない!洗濯のコツ

かゆかゆにならない!洗濯のコツ

アトピーを改善する洗濯のポイント

実はアトピーの症状が悪化している原因は、「洗濯」が関係している場合も少なくありません。

その理由は、洗濯した後の衣類に残っている合成洗剤や柔軟剤の成分が肌を刺激してしまうということ。
いつも以上にすすぎ回数を増やしたとしても、洗剤や柔軟剤の成分は少なからず衣類に残ってしまうのです。

中でも下着は直接肌に触れるものであり、特に気を遣いたいもの。また衣類のみならず、寝具やタオルを洗う際にも注意が必要です。

症状を悪化させない洗剤・柔軟剤の選び方

洗剤と柔軟剤の選び方にも気を付けなければなりません。
いくら肌に優しい素材の衣類を身に付けていても、化学物質がたっぷり含まれている洗剤や柔軟剤で洗ってしまっては意味がなくなってしまいます。

化学物質の中でも注意したい成分が、「界面活性剤」です。洗浄力の強い「界面活性剤」は、炎症など肌トラブルを引き起こす高い可能性があります。

アトピー性皮膚炎の場合、肌のバリア機能を維持しておく必要がありますが、洗いすぎてしまうと汚れだけでなく必要な皮脂膜も洗い流してしまうことがあるのです。

これが肌のバリア機能の低下を招くため、症状の悪化につながってしまうというわけなのです。

合成洗剤の多くには界面活性剤が含まれていますが、最近ではなるべく配合せずに作られている洗剤も増えてきています。少しでも肌への刺激を抑えるためには、石けん洗剤を使うようにするという手段もあります。

シリコンなどの化学成分や人工香料を使用している柔軟剤もまた、肌に悪影響を及ぼすものです。

柔軟剤の代わりとしては、クエン酸粉末を使用すると良いでしょう。

見落としがちな洗濯槽の裏側の掃除も必須

アトピーのリスクとして見落としがちなのが、「洗濯槽の裏側」です。なかなか目に付きにくいところではありますが、長年使っている洗濯槽の裏側にはカビがびっしりついています。

このカビが洗濯をする際、衣類に付着するとアトピーを誘発し、悪化の原因になるのです。そのため洗濯槽の掃除も定期的におこなうよう心がけ、清潔な状態を保っておくことが大切といえます。

よく読まれているコンテンツ

〈アトピーにも効果的!〉
水素特集

水素は、多くの病気や老化の原因となる活性酵素を体の外へ排出する役割を持っています。肌の奥までしっかりと行きわたった水素のおかげで免疫力がアップし、アトピー肌の改善へと導いてくれるのです。

お風呂に入るのは
アトピーによくない?

いいえ、アトピーを改善するために入浴は必須です。常に肌を清潔に保っていなければ、症状を悪化するばかり。また、アトピー肌の方にオススメな入浴方法として評判の「水素風呂」についても紹介します。