アトピーケアNavi » <アトピーにも効果的!>水素特集 » アトピー肌にオススメ!水素入浴

アトピー肌にオススメ!水素入浴

「水素風呂」なら肌から水素の直接吸収が可能

水素をお湯に入れた「水素風呂」はアトピーにとって効果的といわれています。

水素は宇宙一小さい分子といわれており、皮膚から浸透し体内に吸収されていくのです。

ある研究では、水素の効果で余分な水分が体外から出ることがないため皮膚のバリア機能が改善されたという結果が出ています。

そのため乾燥予防につながり、アトピー性皮膚炎が改善されると考えられているのです。ただし科学的な証明には至っておらず、個人差もあるそうです。

飲用より肌に水素が行き渡る「水素風呂」

水素は飲用できますが、腸から吸収される水素の量は限られています。

飲用に対し「水素風呂」への入浴は水素が皮膚から直に吸収されるため、体内に取り入れられる水素の量が断然多くなるのです。

飲むよりも吸収率は数倍も上がり肌のすみずみまでしっかり水素が行き渡ります。

「水素風呂」は皮膚への温熱療法にもなるのです。

入浴によって身体を温めながら水素を吸収できるため、細胞の内部まで浸透しやすくなります。

活性酸素に直接働きかると皮膚の乾燥や炎症の抑制につながるため、アトピー性皮膚炎の人にとって「水素風呂」は効果的なのです。

ちなみに吸収された水素が全身に行き渡るまでの時間は、10分といわれています。

水素風呂の効果を高めるには、10分以上を目安に入るようにしましょう。

ただ熱い湯船は身体にとって大きな負担になりますので、お湯の温度は約40℃くらいのぬるめが適温です。

飲んだ場合と水素風呂に入浴した場合の違い

水素水を飲用した場合、活用されるのは全水素量の4割に過ぎず、もし取り入れた量が「水素風呂」と同等であったとしても、活性酸素を除去する作用は大きく異なってしまうと考えられます。

また動物実験でも、飲んだ場合は胃や肺、小腸などへの分布は見られたものの、末梢にいたってはごくわずかだったそうです。

一方、水素水に入浴した方ではお湯に浸かっている全部分だけでなく、血流によって身体全体への分布が確認されています。

したがって水素水は飲むことで摂取するより、「水素風呂」に入る方が効率良く効果を得られるのです。

ちなみに皮膚への吸収率を高めるため、入浴前は塗布している薬をしっかり洗い流してから入るようにしましょう。

よく読まれているコンテンツ

〈アトピーにも効果的!〉
水素特集

水素は、多くの病気や老化の原因となる活性酵素を体の外へ排出する役割を持っています。肌の奥までしっかりと行きわたった水素のおかげで免疫力がアップし、アトピー肌の改善へと導いてくれるのです。

お風呂に入るのは
アトピーによくない?

いいえ、アトピーを改善するために入浴は必須です。常に肌を清潔に保っていなければ、症状を悪化するばかり。また、アトピー肌の方にオススメな入浴方法として評判の「水素風呂」についても紹介します。