アトピーケアNavi » 食べ物で体の中からアトピー改善 » アトピーを改善するカンタンおやつレシピ

アトピーを改善するカンタンおやつレシピ

アトピーでも食べられるお菓子はある

アトピー性皮膚炎だからといって、お菓子を口にしてはいけないわけではありません。

「化学調味料」や「保存料」などを使った市販のものではなく、身体に悪影響のない食材を選んで作ったお菓子なら安心して食べることができるのです。

簡単に作れる上、おいしく食べられるカンタンおやつレシピを紹介します。

アトピー体質改善の味方「赤しそジュース」

アレルギー症状を抑制する働きを持つ「αリノレン酸」と、アレルギー反応を抑える効果のある「ロズマリン酸」という成分を含んでいる「しそ」を使った「赤しそジュース」のレシピを紹介。

「赤しそジュース」

<材料> 約1.5L分

  • 赤しそ  350g
  • 水     2.5L
  • 砂糖   400g
  • 蜂蜜   100cc
  • レモン汁 70cc
  • 酢     30cc

<作り方>

  1. 水を何度か変えながら、赤しそをきれいに洗う。
  2. 沸騰したお湯の中に①を入れ、約7分煮る。
  3. 赤しそを取り出した②の中に砂糖と蜂蜜を加え、強火で約15分煮詰める。
    (赤しそはしそ味噌など他のレシピで使用可能)
  4. 火を止めレモン汁と酢を入れる。冷ましてあらねつを取った後、瓶に移し替える。

アトピーでも食べられる「お菓子レシピ」

卵や牛乳、小麦粉などを使用しなくてもアトピー体質に影響のない食材を代用した手作りお菓子なら、安心して食べられます。

「バナナマフィン」

<材料> マフィン型6個

[A]

  • 米粉 65g
  • ホワイトソルガム 60g
  • ベーキングパウダー 小1
  • 重曹 小1/2

[B]

  • バナナ 70g
  • レモン汁 20g

[C]

  • 豆乳 75g
  • 菜種油 45g
  • てんさい糖 40g
  • 塩 2g

<作り方>

  1. ボウルに[B]を入れ、フォークの背でバナナをつぶす。
  2. ①に[C]を加え、てんさい糖が溶けるまでよく混ぜる。[A] を加え、素早く泡立て器で粘りが出るまでよく混ぜる。
  3. 型に生地を流し込み180℃のオーブンで10分焼いた後、160℃に下げてさらに約15分焼く。

「どら焼き」

<材料>

[A]

  • ホワイトソルガム 100g
  • ベーキングパウダー 小1/2
  • 豆乳 110ml
  • はちみつ 40g
  • みりん 大1

あん(市販品) 100g

<作り方>

  1. ボウルに[A]を入れて混ぜる。硬めが好みの場合はホットケーキくらいの柔らかさになるまで水を加える。
  2. フライパンに生地を流し入れ、直径10cmくらいの大きさで焼く。生地が焼き上がる直前になったら、ヘラで生地の縁を押さえる。
  3. 生地の片面にあんを25g乗せてのばし、もう1枚の生地ではさむ。
よく読まれているコンテンツ

〈アトピーにも効果的!〉
水素特集

水素は、多くの病気や老化の原因となる活性酵素を体の外へ排出する役割を持っています。肌の奥までしっかりと行きわたった水素のおかげで免疫力がアップし、アトピー肌の改善へと導いてくれるのです。

お風呂に入るのは
アトピーによくない?

いいえ、アトピーを改善するために入浴は必須です。常に肌を清潔に保っていなければ、症状を悪化するばかり。また、アトピー肌の方にオススメな入浴方法として評判の「水素風呂」についても紹介します。