脱ステロイド

ステロイド外用剤は正しい使用法なら安全?

「脱ステロイド」に関しては、医師の間でも意見が分かれています。

支持している側の意見は、ステロイド外用剤は正しく使えば問題ないというもの。

使用する期間を守らずに、長い間使い続けるなど誤った方法で皮膚が薄くなることはあっても、正しい使い方で副作用が出ることはないといいます。

正しい使い方のコツはタイミングと塗布の回数です。塗るタイミングとして最も良いのは肌がきれいな状態になっているお風呂上りですが、肌への刺激を避けるため体の熱が落ち着いてから塗るようにします。

塗布の目安は1日2~3回です。塗り方と使用量も守ること。約0.5gを指の腹に乗せ、さっと塗ります。

化膿している部分にはステロイド外用剤を塗ったガーゼを使うようにしましょう。ステロイド成分は炎症を抑える強い力を持っているため、数日から1週間の間には効果が表れます

しかし正しい使用方法を実践しているにも関わらず1週間経っても改善が見られない場合は医師の診断を受けるようにしましょう。

ステロイド外用剤はおそろしい危険な薬?

ステロイド外用剤の使用には反対意見もあります。

ステロイド外用剤には皮膚の萎縮や毛細血管の拡張などの副作用を伴う場合もあるため、使う人によってはひどい乾燥や腫れが出る場合もあるというのです。

ステロイド外用剤の副作用は少しずつ使用を控えていくと症状を緩和できるといわれています。しかし急にステロイド外用剤の使用を中止した場合、リバウンド現象という激しい副作用が起こります。

夜も眠れぬほど激しいかゆみに悩まされ、かきむしることで全身は傷だらけ。

炎症を抑える手段がなくなることから、炎症が再発し腫れ上がり汁もしみ出てくるのです。この状態を毒素が排出されていると考えるのは大きな間違いで、むしろ細菌に感染しやすくなっています。

さらにおそろしいのは、脱ステロイドが最悪の事態を招く可能性もあるのです。

ある患者さんのケースで、脱ステロイドを始めたことでリバウンド現象が起こり、かゆみを我慢できず全身をかきむしった傷跡から体内に入った細菌が心臓の弁に到達してしまい、心臓弁膜症にかかったといいます。

心臓の弁を人工弁に置き換える手術をおこなったものの、人工弁は血栓ができやすいため脳に血栓が行ってしまい結果的に脳梗塞を引き起こしてしまったのです。

「脱ステロイド」は推奨できる方法ではない

「脱ステロイド」はステロイドが原因で治らない人にしか効果はなく、誰でも頑張って乗り越えれば改善できるというものではありません

脳梗塞など時には生死にも関わる大きな病気にかかる可能性も否めない非常に危険な民間療法です。

実践を考えている場合は独断で判断せず、必ず医師に相談すること

アトピーの症状が改善されるのは「脱ステロイド」によるものではなく、体の中から改善されてアトピーが快方に向かうことで初めて「脱ステロイド」が可能になることを忘れないでおいてください。

よく読まれているコンテンツ

〈アトピーにも効果的!〉
水素特集

水素は、多くの病気や老化の原因となる活性酵素を体の外へ排出する役割を持っています。肌の奥までしっかりと行きわたった水素のおかげで免疫力がアップし、アトピー肌の改善へと導いてくれるのです。

お風呂に入るのは
アトピーによくない?

いいえ、アトピーを改善するために入浴は必須です。常に肌を清潔に保っていなければ、症状を悪化するばかり。また、アトピー肌の方にオススメな入浴方法として評判の「水素風呂」についても紹介します。