脱保湿

「脱保湿」による効果が得られないケース

「脱保湿」にはブドウ球菌など細菌感染を合併するという危険があります。

激しいかゆみに耐え切れず、かきむしった傷から細菌に感染してしまうのです。防止するには、皮膚をきちんと洗って清潔な状態を保っておくこと。

外用剤や保湿剤を使っている場合、しっかり落とすために必ず洗浄剤を使用するようにします。皮膚の洗浄と保湿は皮膚科の最も基本的な治療にも関わらず、「脱保湿」を選択してしまうと皮膚を洗うことでかゆみが増え、乾燥するなど症状が悪化し、保湿によってもかゆみを伴うのです。

外部から保湿剤を塗ると体が持っている本来の保湿機能が衰退するという考え方もありますが、アトピー性皮膚炎の特徴ともいえるガサガサした乾燥肌は保湿によって誘発されるものではないと考えられています。

ガサガサの乾燥肌に対し何も処置を施さないままでいることで傷ができやすくなりひっかいた後の傷も大きくなり、乾燥がかゆみの原因になっているのです。

本来、体が持っている保湿機能だけで改善はできませんが保湿によって治すことができます

乾燥状態を悪化させないためには、清潔な皮膚の保湿が欠かせないのです

「脱保湿」によって効果が得られるケース

「脱保湿」で効果を得られていない人もいれば、アトピーの症状に改善が見られている人もいます。

肌がカサカサしている軽度の症状であれば「脱保湿」で積極的に汗をかくようにすると回復が見込めるそうです。

「脱ステロイド」によるリバウンドによって浸出液が多い時は保湿剤を塗っても一緒に流れてしまうため、乾燥を防ぐのは困難になります。

赤剥けという皮膚表面の角質が失われている場合は、保湿剤が強い刺激を与えてしまい症状の改善には結びつきません。

「脱保湿」が効果的な人にとっては、悪化の原因が保湿剤にあるからといえます。
保湿剤に含まれている薬の効能とは無関係の基材成分や、腐敗や劣化を防ぐ合成保存料や合成安定剤に対しアレルギー反応のある体質の人には「脱保湿」は効果的といえます。

人間の皮膚は36~37℃という雑菌繁殖には非常に適した温度で保湿剤と合わさることにより、雑菌を増殖させやすい環境を作ってしまうため、黄色ブドウ球菌などの悪玉菌を増やしてしまう可能性があるのです。

この場合もまた「脱保湿剤」の方が良いとされています。

「脱保湿」は推奨されるべき民間療法なのか?

「脱保湿」は「脱ステロイド」と同様、効果のあるないは症状や体質によるため人それぞれ異なります。

効果が表れない人が続けても悪化していく一方です。保湿剤で乾燥を防いでいるつもりが、逆に肌を乾燥させてしまい症状が悪くなっている場合もあります。

「脱保湿剤」によって全身がひび割れだらけになり、動くのが非常に辛く日常生活にも支障をきたすほど辛い思いを経験した患者さんもいるのです。

万人に効果があるとはいえず非推奨に当てはまる民間療法ですので、「脱保湿」の実践には医師への相談が不可欠です。

よく読まれているコンテンツ

〈アトピーにも効果的!〉
水素特集

水素は、多くの病気や老化の原因となる活性酵素を体の外へ排出する役割を持っています。肌の奥までしっかりと行きわたった水素のおかげで免疫力がアップし、アトピー肌の改善へと導いてくれるのです。

お風呂に入るのは
アトピーによくない?

いいえ、アトピーを改善するために入浴は必須です。常に肌を清潔に保っていなければ、症状を悪化するばかり。また、アトピー肌の方にオススメな入浴方法として評判の「水素風呂」についても紹介します。