プチ断食

腸内環境をきれいにしてくれる「断食」

食べ過ぎはアトピー性皮膚炎の原因ともいわれています。

食べ過ぎによって胃腸に負担がかかり、必要な栄養素が体内に吸収されなくなってしまうのです。

すると腸内環境のバランスが取れなくなり、アトピーの症状は悪化します。体の免疫機能を整える働きを持つ腸の活動と、免疫系の働きには深いつながりがあるのです。

大半の免疫系の細胞は腸内で生成され、この細胞の働きをサポートする善玉菌もまた腸内細菌であり、腸と関係があります。

胃腸の働きに問題がなければ免疫細胞も善玉菌も活性化され、免疫機能がアップするのです。

しかしアトピー性皮膚炎の人の場合、消化器官の働きが低下している状態のため、アトピーの症状が悪化してしまうという理由があったのです。

「断食」には排泄能力を高める効果もある

アトピーの人は食べ過ぎなため便秘になりがちです。便がたまると腸を圧迫するため腸がマヒし、便は排出されない上さらに便がたまってしまいます。

腸に長い間とどまっている宿便は長い時間を経た発酵と分解により消えますが、これは腐って消えた状態を指しているのです。

腐敗の際には毒素が含まれたガスが出ます。腸から吸収されたこの毒素もまたアトピーの原因なのです。
食べ過ぎ、肉や油を多く摂取する西洋料理を口にする機会の多い現代人の胃腸は、非常に疲れています。

そこで大事なのが「断食」によって弱っている胃腸を健康にし、体内に栄養素を吸収できる状態に戻すこと

「断食」は腸内環境をキレイにできる手段であり、実践して悪いものではありません

無理なくできるおすすめの「断食」方法

「断食」を実践する上においては正しいやり方を知っておくことも大事です。一食抜く「プチ断食」でも効果があるといわれています。

例えば夕ご飯は早めに食べ、翌日の朝にはご飯を抜くようにするのです。
夕食は8時までに済ませ、翌日の昼12時に食事を摂った場合、15時間以上間が空いています。

毎日続けることで体内が浄化され、腸がきれいになるのです。いきなり絶食ではなく、「前日の食べるものを抑えて翌日一日断食する」という方法もあります。

取り入れやすいのは週末です。金曜の昼食と夕食で腹6分目くらいにしておきます。

土曜は酵素ドリンク、グリーンスムージーを摂取しますが、激しい運動は避けるようにしましょう。
最終日の日曜の朝は薄めのおかゆを少量だけ口にし、昼食、夕食と段階を踏んで普段の食事に戻していきます。

急に絶食というのは大変ですし、「断食」はずっと何も口にしないというものではありません。

ストレスを感じるような「断食」は、逆にアトピーの悪化を招きますので、無理のない範囲でできる方法を実践するようにしましょう。

また成長過程にある子供には栄養摂取が必要ですので、断食はおすすめできません。

よく読まれているコンテンツ

〈アトピーにも効果的!〉
水素特集

水素は、多くの病気や老化の原因となる活性酵素を体の外へ排出する役割を持っています。肌の奥までしっかりと行きわたった水素のおかげで免疫力がアップし、アトピー肌の改善へと導いてくれるのです。

お風呂に入るのは
アトピーによくない?

いいえ、アトピーを改善するために入浴は必須です。常に肌を清潔に保っていなければ、症状を悪化するばかり。また、アトピー肌の方にオススメな入浴方法として評判の「水素風呂」についても紹介します。