海水浴

海水浴がアトピーに良いとされる理由

黄色ブドウ球菌の増殖はアトピー性皮膚炎を誘発し、症状の悪化の原因になると言われています。

塩分とミネラルを豊富に含んでいる海水は塩分効果によって殺菌作用があるとされていることから、この黄色ブドウ球菌を殺菌できるためアトピーには効果的と考えられているのです。

また海水浴で浴びる紫外線も良いとされています。アレルギーは免疫が反応し過ぎている状態ですが、紫外線は免疫を抑えるためアレルギーを軽減することからアトピーの症状が良くなるそうです。

症状の程度にもよりますが、適度な紫外線を浴びることは人によっては効果的なのです。

真っ二つに割れている「海水浴」の効果

「海水浴」の効果については意見が真っ二つに割れています

効果が見られなかった人の場合、海に入るとヒリヒリして入っていられず、シャワーを浴びてもずっと痛みがおさまらなかったといいます。

皮膚の状態が良くなく海水がしみる人の多くは、海水浴でアトピーが悪化するタイプです。

反対に症状が落ち着いており皮膚の状態が良い人は「海水浴」で効果が見られます。

海に入っている時はヒリヒリしたものの家に帰ってからいつもより肌がきれいになっていたのを実感したといいます。

海によって効果が違った人もいるのです。例えば家の近所の海では痛みを感じといいますが、奄美の透き通ったきれいな海に入った時はかゆみが軽減され、

赤みが消えていったそうです。

「海水浴」で効果があった体験者の口コミ

  • 透明度が世界一といわれている海で泳いだ最初の日から症状が良くなり、びっくりしました。3、4日目になると症状も消えていたので、すごく効果があったと思います。
  • 海水浴に続けて行っていたら、だんだんかゆみがおさまっていきました。2週間くらい経つと明らかに症状が改善されているのがわかったのです。さらに2週間続けたところ完璧にかゆみがなくなったわけではありませんが、症状の範囲がかなり狭まりました。
  • 温泉療法では症状が緩和されませんでしたが、海水浴は合っていたようです。赤みや傷跡が以前ほどひどくなくなりました。日に浴びていたのも良かったような気がします。
よく読まれているコンテンツ

〈アトピーにも効果的!〉
水素特集

水素は、多くの病気や老化の原因となる活性酵素を体の外へ排出する役割を持っています。肌の奥までしっかりと行きわたった水素のおかげで免疫力がアップし、アトピー肌の改善へと導いてくれるのです。

お風呂に入るのは
アトピーによくない?

いいえ、アトピーを改善するために入浴は必須です。常に肌を清潔に保っていなければ、症状を悪化するばかり。また、アトピー肌の方にオススメな入浴方法として評判の「水素風呂」についても紹介します。