体の中から根本改善を目指す!アトピーケアNavi

正しい知識と対策法でアトピーに負けない身体づくり 体の中から根本改善を目指す!アトピーケアNAVI Atopic Dermatitis Care Navi
アトピーに根本からアプローチ!いま注目のユーグレナとは?
どうしてアトピーにいいの?
効果的に摂取できる方法とは?

アトピーの根本改善で最も大事なのは、身体の中からのケアです。

身体の内側からアトピーを根本的に改善!

【アトピーの生活改善法】

「アトピー性皮膚炎」の原因についてはまだわかっていないことも多く、症状もさまざまです。

このサイトでは、アトピーの改善を目指し普段の生活の中で手軽にできるさまざまな対処法を紹介しています。
場合によっては医師と相談の上、自分にとって適切な対処法を見つけてください。

根本的に治していく上で重要なのは患部のケアのみならず、身体の内部から改善し原因を絶っていくこと。

原因とされている有害物質の除去、内臓機能の活性化、免疫力アップなどアトピーに負けない健康な身体づくりが第一なのです。

そのためには日々の生活習慣を少し見直すだけでも、症状がぐんと改善されていきます。

1)食事

アトピーの原因はさまざまですが、最も多くの要因として考えられているのが「食事」です。

身体は食べ物によって作られていることから、体調とも大きな関わりがあります。
アレルギー反応を引き起こす食べ物は避けるようにしたり、栄養バランスの取れた食事を心がけるようにしましょう。

2)お風呂

症状を悪化させないために大切なのは、皮膚を清潔に保っておくこと。

したがってアトピー性皮膚炎の人にとって入浴は、とても重要です。中でも効果があるといわれているのが「水素風呂」
水素には、免疫力の低下など体調に多くの悪影響を及ぼしアトピーの原因でもある「活性酸素」を除去する高い「抗酸化作用」があります。

宇宙一小さい分子という特徴を活かし、皮膚から吸収し浸透することが可能です。肌の奥までしっかり行きわたり「活性酸素」を取り除きます。
免疫力アップや乾燥予防など症状の改善につながり、効果があると考えられているのです。

3)衣類・洗濯

衣類の摩擦が原因でアトピーが引き起こされたり、症状が悪化する場合もあります。

刺激が強い化学繊維の洋服は避け、なるべく肌にやさしい綿100%の天然素材のものを身に付けるようにするのがベストです。

さらに洗濯にも気を遣いたいもの。洗濯後の衣類には洗剤や柔軟剤に含まれている化学成分が残っており、肌に刺激を与えてしまうので注意しましょう。

そのため洗剤や柔軟剤の選び方も重要になります。

4)掃除

寝具に潜んでいるダニ、ホコリといったハウスダストなど環境にまつわるものもアトピーの原因のひとつです。

こまめな布団干し、換気、ホコリの除去は欠かせませんが、方法によってはまったく効果が出ていない場合があります。

寝具には掃除機をかける、アルコールは使用しないなどアトピーに効果的な掃除方法には、コツとポイントがあるのです。

5)スキンケア

酸化した皮脂、化粧品の油分などもアトピーにとっては大敵です。
クレンジングや洗顔は欠かせませんが、低刺激のものや純度の高いせっけんを使うようにしましょう。

すすぎ残しも症状の悪化につながりますので、しっかり洗い流すことを忘れずに。
洗顔後の肌は乾燥しているため、保湿ケアは必須です。

【アトピーの根本的改善への5つの鉄則】

アトピーを根本的に改善するための5つの鉄則を紹介します。
症状の緩和や改善に欠かせない重要ポイントになりますので、しっかり押さえておくことが大事です。

1)原因を正しく理解すること

アトピーの改善でまず必要なのは、原因を正しく理解することです。

アレルギー体質・遺伝・ダニやハウスダストといった生活環境などのアレルゲンや、大人アトピーと子供アトピーの違いについても紹介しています。

大人のアトピーでは「免疫バランスの乱れ」「体内の酸化」について詳しく解説するので、参考にしてください。

2)病院での根本治療

アトピー性皮膚炎の改善において、病院での診察や治療は欠かせません。

一般的な治療法のほか、気になるステロイド剤の効能や副作用についてまとめています。
一方、副作用のない薬に頼らずアトピー性皮膚炎を改善する方法も紹介しましょう。

3)生活習慣の改善

生活習慣が乱れると免疫バランスを崩すため、アトピーの原因にもなります。

睡眠や運動、掃除・洗濯、入浴など日頃から気を付けたい生活習慣についてまとめています。

またストレスが身体に及ぼす影響とその対処法も必見です。

4)食生活を甘く見ないこと

アトピーの改善にとって食生活の見直しは欠かせません。
積極的に摂取したい栄養素、アトピーの発症や悪化の原因となる脂肪や食品添加物など避けたい食品についてまとめています。

普段はなかなか摂りにくい栄養素は、サプリメントを活用すると効率的です。

5)正しいスキンケア

アトピーの根本的な治療に必須となるスキンケアの正しい方法を紹介しています。
皮膚に刺激を与えないスキンケア、保湿、化粧品の選び方、紫外線対策の詳細についてまとめています。

「アトピー性皮膚炎」を悪化させる原因と症状とは?

「アトピー性皮膚炎」とはアレルギーの一種で、「アトピー」とも呼ばれています。かゆみを帯びた湿疹が全身のさまざまな部分に発症するのです。

アトピーの原因ははっきりとわかっていないこともありますが、親がアトピー性皮膚炎の場合は遺伝しやすい一方、環境因子も関係しているといわれています。

つまり日常生活には、アトピーになりうるさまざまな要因が潜んでいるのです。

例えば汗をかいてもふき取らずそのままにしていたり、入浴を怠るなど皮膚を不潔にしてしまっていること、またかきむしってしまうことも原因となります。

かきむしった傷痕は細菌やウイルスの侵入口となってしまうのです。

せっけんやシャンプー・リンス・洗顔料・洗剤・柔軟剤などが強い刺激となっている場合もあります。またアレルギー反応を引き起こす食べ物の摂取がアトピーの原因になっていることも少なくありません。

睡眠不足やストレスも免疫力の低下につながり症状を悪化させますので、気を付ける必要があります。

ダニやハウスダストなどアレルゲンの多い環境もまたアトピーを悪化させてしまうものです。
ダニがすみつきやすい寝具やじゅうたんは定期的に干したり洗うなどし、部屋も換気をして空気を入れ替えるなど、常に清潔な状態を保っておくようにしましょう。

アトピーの原因は、子供か大人かによっても異なります。子供の場合は食べ物とされ、大人の場合はストレスやハウスダストなどによって引き起こされるケースが多いそう。

衛生環境もしくは生活習慣の乱れも原因として挙げられています。
単独ではなく、さまざまな要因が重なっていることもあり、まずは自身のアトピーの原因を把握しておくことが大事です。

症状は、治ったり悪化したりを繰り返します。人や程度によって現れる症状はさまざまですが、一般的なものとし発症するのはかゆみや湿疹です。

患部の皮膚はガサガサ、ゴワゴワ、ジュクジュクと程度によって特徴が異なります。ひどいかゆみに耐えられずひっかいてしまうと傷ができ、化膿したりかさぶたができる場合もあるのです。

アトピーは合併症を引き起こす可能性もあります。
「伝染膿痂疹」「伝染性軟属腫」「カポジ水痘様発疹症」といった皮膚の病気だけでなく、「白内障」「網膜剥離」など目の病気も発症しかねないのです。

合併症を発症しないためにも、アトピー性皮膚炎の治療はしっかりおこなっておかなければなりません。

アトピー性皮膚炎は症状を上手にコントロールし、悪化しないよう改善に向けた治療が必要です。症状によっても治療法は異なりますが、生活習慣を見直したり自分に合った方法を見つけるのが先決。

そして継続的に続けていくことで、アトピーを根本的に改善していきましょう。

※当サイトは、個人で調べた情報を掲載しています。最新のものは公式HPをチェックしてください。

 
体の中から根本改善を目指す!アトピーケアNavi